img_2020.jpg

SORACOM

TECHNOLOGY

CAMP 2020

11/17-19

IoTテクノロジーを深く学び、新たなスキルを手に入れる3日間!

​2020年11月17日(火)〜19日(木)

IoTプラットフォームSORACOMを提供している株式会社ソラコムは、ミッションクリティカルな通信の仕組みをクラウド上に構築していますが、本イベントでは、当社エンジニアが持つ技術やスピーディな開発手法のご紹介します。またIoTシステムに必要なデバイス、クラウド、セキュリティ、データ分析、通信技術という複数のテクノロジーを深く学び、エンジニアの皆様のキャリア形成に役立つ、新たなスキルを習得できるテクニカルカンファレンスを3日連続でお送りします。

対象となる方

・IoT、AI、クラウド、機械学習、無線技術と言った最新テクノロジーを学びたい方

・Webアプリケーション、クラウドエンジニア、組み込みエンジニア、センサー・デバイスエンジニア

・SORACOMテクノロジーについて知りたい方

開催概要

イベント名: SORACOM Technology Camp 2020

会期:    2020年11月17日(火)〜19日(木)

配信方法:  オンラインイベント、ライブ配信

参加費:   無料

​主催:    株式会社ソラコム

 

11/17 [TUE]

ゼロから始める

​最速で結果を出す

IoTの始め方

11/18 [WED]

1日で全部わかる!

IoTの要素技術

11/19 [THU]

15,000以上の

ユーザーに選ばれているSORACOMの魅力を

徹底解析

 

Our
Speakers

kenta
安川 健太
最高技術責任者

世界中のヒトとモノがつながり共鳴する社会の実現を目指し、株式会社ソラコムを共同創業。

大学院ではIPネットワークのQoSに関する研究、その後エリクソンリサーチにてテレコムとWebの協調やM2M/IoTに関する研究開発。2012年にアマゾンデータサービスジャパンに転じ、AWSソリューションアーキテクトとして数多くの国内企業のクラウドシステム設計支援を実施した後、シアトル本社に転籍しDynamoDBチームにて開発に従事。東京工業大学大学院 理工学研究科 博士課程修了 博士(工学)。

CTO of the Year 2015/TechCrunch Japan受賞

max
松下 享平
テクノロジー・エバンジェリスト
  • facebook
  • Twitter

エバンジェリストとして、SORACOMサービスを企業・開発者により理解、活用いただくための講演活動を担当。

90年代半ばの地方ISPの立ち上げをキャリアスタートとし、主にインターネットを取り扱ったシステムインテグレーターを経て、2000年よりぷらっとホーム株式会社にて、ネットワークインフラやEC事業を担当。

2015年からはIoTソリューションをリードし、メガクラウドベンダーとの協業や、サブギガ/BLEを用いたIoTシステム構築といった業界の先駆的なIoT導入事例に関わる。

kei
須田 桂伍
ソリューションアーキテクト

株式会社ソラコムにてソリューションアーキテクトとして、ソラコムサービス活用やIoTシステム構築の技術支援を行う。

大学卒業後、ITコンサルティングファームにて Hadoop/Spark/Kafka/Elasticsearchをはじめとするビッグデータを支えるOSSプロダクトの案件導入/開発に従事。ミッションクリティカルなシステム領域での開発を得意とし、基幹システムからIoTシステムまで業種を問わず様々なシステム開発に携わる。

 

技術評論社「詳解Apache Spark」共著。

factory
今井 雄太
ソリューションアーキテクト

株式会社ソラコムにてソリューションアーキテクトを担当。大学卒業後、数社にてネットワークエンジニア、広告関連システムの開発に従事した後、2012年よりアマゾンウェブサービスジャパン、2015年よりHortonworks,Incに在籍。スタートアップ、アドテク、自動車、電力業界などのクラウドとビッグデータ活用を技術支援する。特に、Hadoop/Sparkでのビッグデータ分散処理において経験が深く、数千台規模のHadoopクラスタの運用も経験。

 

技術評論社「詳解Apache Spark」共著。

takipone
ysk
松本 悠輔
ソリューションアーキテクト

株式会社ソラコムにてソリューションアーキテクトとしてIoTシステム開発の支援やソラコムサービスの導入支援を担当。

 

ネットワークエンジニアとしてキャリアをスタートし、前職のメディア系企業ではテレビ連動WebシステムやHulu Japanの動画配信システムの開発に携わり、主にOpsDev、セキュリティ、大規模コンテンツ配信に携わる他、メディア企業に対してのシステムコンサルティングを担当。

 

2018年3月より現職。北海道出身。

大瀧 隆太
ソリューションアーキテクト

株式会社ソラコムにてソリューションアーキテクトとして、ソラコムサービス活用やIoTシステム構築の技術支援を行う。

 

パソコンメーカーで10年間IT研修のインストラクターを務め、2013年よりクラスメソッド株式会社でAWS事業の立ち上げとして年間数十件のAWS環境構築・運用プロジェクトに参画、クラウド導入のプリセールス、コンサルティング業務のほかIoT事業、Alexa事業の立ち上げにも関わる。

 

2018年11月より現職。

共著書として「IoTエンジニア養成読本 設計編」「IoTエンジニア養成読本」「AWSエンジニア養成読本」など

shun
横田 峻
ソリューションアーキテクト

株式会社ソラコムにてソリューションアーキテクトとして、ソラコムサービス活用やIoTシステム構築、デバイス開発の技術支援を行う。

 

株式会社リコーにて主に新規事業担当エンジニアとして電子回路設計、各種認証試験、3Dプリンターの活用などのハードウェア開発、プロトタイピングに従事したのちソフトウェアエンジニアに転向。B2B向けソリューション開発部署にてWebサービスのバックエンド開発を行う。

 

2019年9月より現職。

yaman
片山 暁雄
執行役員

システム会社での金融機関向けのシステム開発を経て、2011年にアマゾンデータサービスジャパンに入社。AWSソリューションアーキテクトとして、AWS利用の技術支援、クラウド普及にむけた講演活動に従事。特に金融業界などミッションクリティカルかつ堅牢なセキュリティが求められる業界を中心にクラウド導入を支援する。

 

2015年に株式会社ソラコムに参画、日本におけるエンジニアチームのトップとしてソラコムの提供するIoTプラットフォームの設計構築と、顧客への技術支援を担当する。

著書として「公式ガイドブックSORACOMプラットフォーム」「SORACOM入門」「AWSクラウドデザインパターン設計編/実装編」「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」(いずれも日経BP社)。

moto
松井 基勝
プリンシパルエンジニア

株式会社ソラコムで、ネットワーク関連プロダクトを中心に複数のエンジニアリング領域を担当。大学卒業後はソニーコンピュータエンタテインメントに入社し、家庭用ゲーム機のオンライン通信ゲーム開発・運用に携わる。その後本格的なオンラインゲームの普及に伴い、大規模オンラインゲームシステムの構築・運用を経験。

 

2010年、アマゾンデータサービスジャパンの日本国内初のエンジニアとして採用され、様々な企業のクラウドサービス導入を技術支援。

2015年、株式会社ソラコムの立ち上げに参画。

koya
小梁川 貴史
ソリューションアーキテクト

SI系の会社において開発やインフラ設計、構築を経験。電機メーカへ転職後、おサイフケータイ向けプラットフォームや自社製品向けのクラウドバックエンドの開発、運用のリードを担当。直近では外資系クラウドベンダーにおいて、IoTスペシャリスト/プロトタイピング ソリューションアーキテクトとして製造業や自社製品を開発されているお客様の支援に携わる。

nori
江木 典之
グロースエンジニア

株式会社ソラコムのグロースエンジニアとして、技術営業、プロジェクトマネージャ、社内のプロセス作りなどを幅広く担当する。

 

2000年日本IBM入社。金融業を中心にシステム開発保守に参画し、主にPMO、プロジェクトマネージャーを経験。その後はIBM社内プロセス標準化チームで開発プロセス、ツールの標準化に取り組む。 2009年よりIBM Rationalにて開発プロセス、ツールの技術営業、コンサルティング、導入支援に従事し、IBM Bluemixの技術営業部長を担当。2015年より現職。 著書として『ディシプリンド・アジャイル・デリバリー日本語版 (翔泳社)』など。

kenny
大槻 健
事業開発マネージャー

株式会社ソラコムにてSIMカードの開発、セルラー向けコアシステムの設計、及びLoRaWANを始めとする新規無線通信技術の事業・技術開発を担当。大学在学中は電子通信工学を専攻。センサーネットワーク・メッシュトポロジーの研究に携わり、現在のIoTの基礎を習得。

 

2006年に大手通信キャリアに入社後、海外関連会社を含め10年超に渡り各種デバイス、SIMカードの仕様策定・開発・検証に従事。愛知県出身。

kanu
加納 峻佑
カスタマーリライアビリティエンジニア

金融系SIerで外国為替取引システムのインフラ構築を経験。その後、スタートアップ数社を経て入社した株式会社ABEJAではサポートチームのマネージャとしてIoT×AIという不確実性の高いサービスを監視し安定運用していく仕組みの構築に努める。

 

2020年にソラコムに入社。「SORACOM を使う上でのお客様の不安をゼロにする」ことをミッションに、技術サポートや各種ドキュメントの整備など担当している。 

hiro
齋藤 洋徳
S+ Camera プロジェクトマネージャー

株式会社ソラコムにて、エッジAIカメラであるS+ Camera Basicのプロジェクトリーダーとして、製品の立ち上げからお客様支援まで携わる。

 

外資系IT企業にてSEとして流通系、保健系、金融系のお客様を担当。その後アマゾンウェブサービスジャパンに入社し、営業としてウェブメディア業界、広告業界、流通、サービス業界を幅広く担当。

martin
伊佐 政隆
ビジネスプロダクトマネージャー

2004年サイボウズ株式会社に入社、2011年より製品マーケティングを統括するビジネスプロダクトマネージャーを務め、Garoon, kintoneのプロダクトマーケティングのほかユーザーやエンジニアのコミュニティ形成に貢献。

2019年7月 株式会社ソラコムに参画。IoTの先端技術を民主化し、世界をより良い場所にすることを目指して絶賛活動中。

 

趣味はトライアスロン。

SORACOMイベント・セミナー開催における個人情報の取り扱い方針をご覧いただき、同意の上お申込みください。

各日程ごとに参加登録いただく必要はございません。本イベントへの参加登録によって、3日間のセッションが視聴可能です。

 

お申し込み

©2020 SORACOM, Inc.